近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

SNSのつながりは浅く広くが主流になってきている。それは良いと思うか?悪いと思うか?

SNSを利用している人は年々増えてきている

周りを見てみてSNSをやっている人はいるけど、SNSを逆にやってないという人を探すというのは難しいくらいSNSの利用者が年々増加しています。

f:id:masanori1989:20151109222139p:plain

(ICT総研調べ)

 

今年末には6451万人を超える見込みで2015年増加数は約428万人。SNSの利用者はだいたいは10代~20代の利用が多かったですが今では40~50代以上の年齢層も拡大しています。それはFacebookの利用やLINEの利用者が年々増加しているという事でしょう。

「LINEが58%」「Twitter 37%」「Facebook35%」で利用者満足度1位は「Instagram」2位が「LINE」。利用時間増加傾向にあるのは1位「LINE」2位が「Instagram」。

f:id:masanori1989:20151109222752p:plain

(ICT総研調べ)

 

皆がSNSを利用していてコミュニケーションを取りたくない人!?

 

SNSというのは私はmixiが招待制の時から利用しているのですがSNSというのは「人と人のつながりを促進・サポートするサービス」と名の通り繋がりを求める人が利用します。私も最初の頃は「誰か知らない人と繋がりたい!」という思いでやってました。

SNSの普及で様々な人とコミュニケーションを取れるようになったのですが、逆にコミュニケーションを取りたくない相手というのがあります、それが「RL知人・家族」。

自分の趣味や独り言を見られたくないというのが大きな理由でしょうが、普段話しているのにSNSまでも!?と思うからでしょうね。私は身近な友人でも繋がっていますが、それは別に苦ではないですね。友人の知らない一面が見れて私は逆に楽しいと思います。

f:id:masanori1989:20151109223502p:plain

(ICT総研調べ)

 

SNSの普及で浅く広くのコミュニケーションが主流になってきた

 

画面で情報やコミュニケーションを取っている相手というのはもちろん人ですが、同じ趣味など共通の話題で話せる人がいると楽しいです。

私が思う浅く広くというのは例えて言うなれば地震の時に同じ地方に住んでいる人が「地震だ!」や「崖崩れがあるので注意」などの情報をお互いに発信出来るのでそれは大きな強みだと思います。東日本大震災の時にもSNSの情報が頼りになった人も多いと思います。そこから実際に会って一緒に遊んだりする深い関係になる方も多いですが、このご時世なので事件に巻き込まれる可能性も少なからず0%ではありません。

なので「浅く深く」のコミュニケーションが主流になってきたと感じます。

 

 

それが良い事なのか?悪い事なのか?判断は自分次第

 

何よりも深い関係を望むのであれば自分自身をさらけ出してSNSを利用しオフ会などに参加してコミュニケーションを取るのもよし。浅い関係を望む方はSNSだけ!と決めて利用するのが一番だと思います。判断するのが自分なので自己責任ですがSNS利用歴が長い私が思うに「よく話をして悩んで、悩んだ結果会う事」。気軽に「あっこの人良い人かも」と会うのが一番危ないです。特に女性の方。

何人も後悔した人を見たことがあるので、それは相手が悪いのですが悩んだ結果会って後悔したのであればきっとダメージも少ないはずですよ。