近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

小学校の文集を読むと胸が痛む。こんな子供になっては駄目!

掃除をしていると小学校の頃の文集や中学校の頃のまで全部残してあるのを見つけたのですが、読んでみると「あ~自分ってこんな子供だったんだな」と思う時があるのですが1年・・・1年だけおかしな時期があるんですよ。

それは小学校3年生の時の文集が胸を傷む内容な訳です。

 

好きな食べ物:カレーライス

好きなスポーツ:サッカー

趣味:読書

将来の夢:天国に行くこと

 

もうまさに胸が痛くなる内容でしょ。読んでいて「うわぁ」と自然と声が出ましたもんね。その当時の頃はよく覚えています。当時教育実習生で入っていた先生が大嫌いだったんですよね。大嫌いというか今思えば虐められていたんでしょう。

 

子供の頃の記憶なのでハッキリ覚えている事が少ないのですが、給食を落とした物を拾って食えだの、なぜか放課後に残って掃除させられたり、そういった記憶が残っています。そこで反抗したのがテストに全部答えを書かないで0点を取る事だったのですが、それが余計に先生のストレスになる訳ですよね。

 

いや~懐かしいな~と思って読んでましたね。今ではニュースになる事かも知れませんが、当時はそんな事を親に言うことなんてしませんでしたし、ただ我慢すれば良いやっと思っていたのも覚えています。家庭訪問でもないのに家に来た事も覚えていますね。

 

それを思うと子供頃ってそういった記憶というのは忘れないものなんですね。そりゃ~捻くれた大人になる訳だ(笑)

 

そんな事を考えながら文集をそっと荷物整理していたのでブログ更新していました。子供は純粋だから教育実習中の人!虐めちゃ駄目だよ!(笑)