近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

アサリを食べてまさか歯を痛めるなんて・・・。そこで久しぶりに歯医者へ。

アサリの酒蒸しって美味しいですよね。ツルっと何個も食べてしまうんですよ。

そんな酒蒸しが昨晩のおかずだったのですが、砂か石か解りませんが盛大にガリッと噛んでしまいまして・・・。

その時も激痛だったのですが、翌日になってもおかしい。きっと噛んだ場所が銀歯の場所だったのですが、冷たい水を飲むと痛い。これは完全に思いましたね「あ~やってしまったな」っと。ま、痛さくらい我慢出来るかと思っていたのですが何を飲んでも食べても痛さが引かないので、これは歯医者に行った方が良い!という事で夕方に行ってきました。まずビックリしたのが以前と同じ建物、内装なのに歯医者名が変わっていた事。それで初診のアンケートみたいなのを記入し、待つことに。

 

治療も30分くらいですかね。「麻酔かけますね」と言われたのですが麻酔って子供の時以来ですね。あまり子供の時なので覚えていないのですが、ほっぺや舌が感覚無くなるくらい効くんですね。(これはちょっと怖かった)

 

治療後3時間くらいは痺れが取れなかったのですが、痺れが取れたので晩ご飯を食べる事にして、野菜を食べた瞬間「痛い!」。これはまだ治療したばかりで安定していないから痛いのか、歯医者の「は~い、これで完全に治りました」が嘘だったのか不安で仕方がない。ちょっとしばらく様子を見てみますが、あまりにも痛いようだったらもう一回行くしかないですね。

 

久しぶりの歯医者とという事で不安要素がたくさんありますが、歯が痛いのは我慢出来ないという感覚を思い出した事だけ貴重でしたね。