読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書-感想-レビュー

デジ絵テクニック大全!イラスト上達128プロのテクニック集!を買ってみた-プロの方のイラスト技術は見てるだけで感動する-

ついつい買ってしまう「デジ絵テクニック集」 ついつい本屋さんなどに行くと足を止めて見てしまうのがデジ絵テクニック大全!という本。パソコンを使ってイラストを書いてみたいという夢を一度は持ちましたがデッサンの時点で私には物を立体的に捉えるという…

【検証】2017年現在、書店およびネットショッピングで上位にある「文学・ビジネス書」はなぜ売れているのか?考えてみた。

なぜその本は売れているのか?そこの謎について考えてみた 皆さんがネットショッピングだったり、書店で本を探しに行く時は「ランキング」を参考に買う人も多いのではないでしょうか。そんな私もランキングを参考にして「あ、これ面白そう」という気持ちで購…

【読書】湊かなえデビュー10周年初のエッセン集「山猫珈琲 下巻」を読んだ感想・レビュー-デビュー前夜の話がかなり面白い-

初のエッセン集の下巻が発売! 湊かなえのデビュー10周年として発売されたのが初のエッセン集「山猫珈琲 上巻」だったのですが、この上巻がとても面白かい。 www.yuruiblog.com 上記のブログでも書いていますが私は湊かなえのファンです。湊かなえデビュー10…

【読書・感想レビュー】稲盛和夫の「考え方」が何かの壁にぶち当たってる人にはオススメの1冊

当代随一の経営者「稲盛和夫」 京セラや第二電電(現KDDI)などを創業し日本航空(JAL)を再建するなど当代随一の経営者と知られる稲盛和夫さん。稲盛和夫さんの本をいくつか読みましたが経営者というよりは「的確な指導者」という言葉が正しいと思う。 そん…

【読書・感想レビュー】 大人から子供まで一緒に楽しめる「ざんねんないきもの事典」が凄く面白い!-子供と一緒に学べて楽しめる本というのは貴重-

生物の進化の不思議が学べる本! 今もなお新しい新種が発見され私達が住んでいる地球に何種類の生物がいるのか、その詳しい数字が解らないというのは実にロマン溢れる事だと思います。この「ざんねんないきもの事典」を最初書店で見た時に購入するか悩み、次…

2017年本屋大賞ノミネート作品!森見登美彦の「夜行」を買って読んだ感想とレビュー-やはり独特の世界観が大好きです-

2017年本屋大賞ノミネート作品「夜行」 森見登美彦と言えば「有頂天家族」「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「きつねのはなし」など数多くのベストセラーを世に出した小説家ですが昨年の10月に発売された「夜行」が2017年本屋大賞ノミネート作品に選…

【読書】シリーズ完結!「ビブリア古書堂の事件手帖」の7巻が発売れてたので感想・レビューを書いていきたいと思います。

ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ完結 ビブリア古書堂の事件手帖も第7巻。そしてシリーズ完結という事で発売が待ち遠しい中、ようやく買って読み終わったので早速レビューを書いていきたいと思います。 ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめ…

【読書】石原慎太郎最新作「救急病院」を読んだ感想とレビューを書いていきます-日本のドクターの熱き人間ドラマ-

1つの救急病院で起こる人間ドラマ 昨年発売され大きな話題となった「天才」から1年後という早いスピードでの出版となります。昨年発売された「天才」は私も読みましたが本当に面白く石原文学の虜になってしまいました。 www.yuruiblog.com そんな石原文学の…

【読書】21世紀をどう生きるか「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来の選択-」を読んだ感想とレビュー

久々にレビュープラスさんから本をいただきました 久しぶりにレビュープラスさんから本をいただきました。今回は「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択-」というタイトルですが「グローバルリーダー」というのは一体どのような事を言…

【読書 少々ネタバレ有】タイトルに衝撃!?話題の「夫のちんぽが入らない」を読んでみた感想・レビュー

本のタイトルが話題の「夫のちんぽが入らない」の感想・レビューです。その衝撃的な内容に最後まで目が離せません!

【読書】第156回芥川賞受賞作品「しんせかい」を読んだ感想・レビュー

癖になる文章だが読めば虜になる 前回のコンビニ人間が本当に面白かったので今回の芥川賞はどうなのか。そんな事を思って読んでみましたが、結構癖のある文章を書く人だと思ったのが第一印象。 作者である山下澄人さんは私は今作が初めて読んだのですがなん…

【読書】第156回直木賞受賞作品「蜂蜜と遠雷」を読んだ感想・レビュー

頭の中に音楽が流れてくる小説 昨年発売され直木賞を受賞したという事もあり「どんな本なのだろうか」と買ってみました。恩田陸さんの作品は「ユージニア」や最近だと「ブラック・ベルベット」などを読みましたが今回の作品は「音楽」をテーマにした面白い作…

金融機関を知る事が出来る興味深い1冊「捨てられる銀行」を読んでみた感想・レビュー-これからの銀行に期待したい-

12万部突破!森金融庁大改革 先日頂いた本を早速レビューしていきたいと思います。今回レビューを書くのは「捨てられる銀行」。私がこの本を読んでみたいと思った理由として単に売れているからという事ではなく1人の個人事業主として、また経営者として「…

書店にあるビジネス本で1位だった「はじめての人のための3000円投資生活」を買ってみた-本当に投資をこれからする初心者用-

書店でここ最近ずっと1位だったので買ってみた。 写真は1月5日書店で撮影したものだが、年末あたりからずっと1位になっている「はじめての人のための3000円投資生活」という本が少し気になっていた。単純に投資に興味があるという訳ではなく「3000円で投資が…

デビュー10周年初のエッセイ集!湊かなえの「山猫珈琲 上巻」を買ってみた感想-初のエッセイ集という事で違う一面がみれた-

デビュー10周年 初のエッセイ集が面白い 「好きなものは山と猫と珈琲」という湊かなえさん。その好きなものを合わせたタイトルが今回の「山猫珈琲」。今回は初のエッセイ集という事で新聞に記載されたエッセイをまとめたものになります。湊かなえさんは告白…

レビュープラスさんから「降りてくる思考法」を送って頂いたので早速感想・レビューを書いていきます-アイデア引き出す最強ツール!-

今回はクリエイティブ・ディレクターの江上隆夫さんの著書「降りてくる思考法」の感想・レビューを書かせて頂きました。

【2017年決定版】様々な自己啓発本を読んだ私がオススメする「本当にオススメの自己啓発本」を紹介したい

今回は自己啓発を学ぶならこの本を読めば間違い無し!という本を厳選して選んでみました。

鬼灯の冷徹限定版23巻を購入してきました-「ラジオ番組風コメディCD」もついてきて今回もファンには最高の1冊!-

鬼灯の冷徹限定コミック23巻が発売中! 前回も限定版コミックスでしたが、今回も限定版コミックスとは。これはファンなら買ってしまう現象を利用した上手い商売ですな。そんな私も勿論限定版を購入しました。 さて今回の限定版の特典なのですが。

トップコピーライターが伝授する一冊。ブロガーは絶対に読むべき「言葉にできるは武器になる。」が凄く勉強になる-感想・レビュー有-

「言葉に出来ない」と「考えていない」は同じ 「バイトをするなら、タウンワーク」「世界は誰かの仕事でできている」「この国を、支えるひとを支えたい」など誰もが聞いたことある言葉を生み出してきた梅田悟司さんが「言葉にできるは武器になる。」を発売さ…

スティーブン・R・コヴィーの「プライマリー・グレートネス 幸福で充実した人生のための12の原則」を読んだ感想・レビュー-自己啓発の基本書-

自己啓発の入門書 スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」は自己啓発を学んだ事がある人なら誰もが通る道だと思うのですが、私が自己啓発を学ぼうと思った時に一番最初に買った本が「7つの習慣」でした。自己啓発と聞くと「意識高い人物」と思っている人…

統計学が最強の学問である[ビジネス編]の感想・レビュー!-ブロガーの人も少し読めば面白いよ!-

シリーズ3冊目でいいのでしょうか?「統計学は最強の学問である」というシリーズ43万部というビジネス書の中では大ヒットの本なのですが今回はビジネス編です。 今回は全4章から構成されています。 序章:「センス」と「事例」で分析するな 第一章:経営戦略…

え!?たった10時間で大学4年間分の「経営学」が学べる?「大学4年間の経営学が10時間でさっと学べる」を読んだ感想・レビュー。

経営学の基礎が学べる! 大学4年間で◯◯が10時間で学べるというのは実はもう1冊あるのですが、そちらの方も読んで実に勉強になったので今回の「経営学」も購入しました。 1日30分を20日。全20項目をおさえるだけで「経営学」の基礎が学べるというもの。経営学…