読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書-レビュー

「”うつ”からの完全復職バイブル」という本を購入しましたので早速感想・レビューを書いていきたいと思います-精神疾患はもう特別な病気ではない-

うつ病を知りたい人、復帰したい人は読むべき 「読書の秋」という事もあり今月は10冊以上本を読んでいるような気がします。本に対する出費は重なりますが決して損はない出費なので、どんどん買って読んでいきますよ!!さて今回は「”うつ”からの完全復職バイ…

原価を知る事で解る「価格と儲けのカラクリ」という本を買ってきましたので感想・レビューを書いていきます-儲ける仕組みが解ると楽しい-

何気なく見ている価格も「儲け」のカラクリがあった よく原価◯◯円という言葉を聞きますが実際に仕入れる側でない限り原価を気にする事というのは少ないですよね。商品を取り扱っている以上は原価を知る必要がありますが私は今までそういった仕事に就いたこと…

難しいビジネス本はいらない?「論理力は小学6年間の国語で強くなる」を読んで非常に納得した

小学6年間の国語で強くなる?どういう事だろうか。 以前に「読書をした方が良い理由」についてブログの記事を書きました。 www.yuruiblog.com その記事を書いたのも「論理力は小学6年間の国語で強くなる」という本を読んだからなのですが、今回はその本のレ…

レビュープラスさんより堀江明佳さんの「血流がすべてを解決する」を読んだ感想・レビュー-90年続く薬局の予約のとれない薬剤師が教える健康法-

レビュープラスさんから本を頂いたので早速レビューを書いていきたいと思います。 さて今回レビュープラスさんより頂いたのは「血流がすべてを解決する」というタイトルなのですが「え?血流?」と思いますよね。鉄分不足などは聞きますが「血流」と言われる…

ビワイチを漫画にした「びわっこ自転車旅行記」が面白い!滋賀県アルアルも沢山書いてあるので滋賀県民の人にもお勧めの漫画です。

可愛い4姉妹がビワイチ初挑戦! 他県の人でも最近は「ビワイチ」という言葉をよく聞くようになったのではないでしょうか?ビワイチとは「琵琶湖をサイクリングで1周する」の事を言います。今回紹介する漫画もビワイチをテーマにした本なのですが漫画になって…

新入社員や部下を新しく持った方必見!「最強の働き方 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下、同僚に学んだ77の教訓」を是非読んで欲しい。

本屋に行って青いブックカバーに「最強の働き方」と書かれた今回ご紹介する本が、かなり印象が残ったので悩んだ末買うことにしました。 「働き方」という本は沢山ありますが今回の本もそんな1冊です。ただこういった「働き方」という本を読むメリットという…

インクルージョン思考 複数の問題を一気に解決する INCLUSION THINKINGのレビュー-複数の問題を一気に解決する力が欲しい人向け-

アイデアの出し方で問題は解決出来る レビュープラス さんからの送っていただいた本で3日連続投稿の最後になります。 インクルージョン思考というタイトルですが帯に書いてある「世界一シンプルなアイデアの作り方!」というのがタイトルに合っていると思い…

となりの婚活女子は今日も迷走中のレビュー!-今後の婚活のヒントになるかも知れない!?結婚相談所で起きている「本当の話」-

今日もどこかで起きているかも知れない・・・。 レビュープラス さんから本が送られてきた本になります。明日も続きますので合計で三冊連続更新となりますがご了承ください。 「婚活」という言葉をここ数年でよく聞くようになりましたが、その「婚活」で起こ…

The Ohmae Report Vol263のレビュー!大前研一が好きな人には総集編みたいで面白い。

大前研一って誰?という人に。 レビュープラス さんから本を頂いたので早速レビューを書いていきたいと思います。 さてレビューを書く前に「大前研一」という人物がどういう人物という事を紹介しておこうと思います。大前研一さんは経営コンサルタントで株式…

加茂田重政自伝「列侠-山口組 史上最大の抗争と激動の半生」の感想-当時週刊誌など見ていた人は懐かしいと思う-

「あばれ政」の自伝 「まだどこかで加茂田重政は生きている」と週刊誌などで度々登場する名前ですが、それがまさかの自伝を発売したという事で早速買ってきました。 山一抗争の話や山口三代目「田岡一雄」とのやり取りというのは非常に生々しい内容だと思い…

ブログを書く時に時間がかかってしまう人には「一瞬で心をつかむ文章術」は良い一冊だと思う

とにかく書くのが苦手、そして心をつかむ文章を書きたい人向け レビュープラス さんから本が届きましたので早速書いていきたいと思います。 全九章なのですがご紹介していきたいと思います。 一章:なぜ文章を書くのが苦手なのか? 二章:テーマに迷わないから…

堀江貴文さんの「99%の会社はいらない」を読んだ感想-個人経営の人には良い本かも知れない-

新書コーナーのランキング1位になっていた事は知っていたのですが中々手を出すタイミングがなくようやく購入する事が出来ました。 タイトルがタイトルなだけに普段堀江さんの事が嫌いな人は「また何か言っている」という風に思いかも知れませんが、普段は言…

月刊少女野崎くん限定版8巻が発売されていたので買ってきました-今回の限定特典は野崎くんタロットカード-

いつもの本屋さんに「月刊少女野崎くん限定版8巻」が発売されていたので早速買ってきました。 限定版の表紙は金ピカで豪華に感じますね。表紙はみこりんと鹿島くんです。鹿島くん推しの私としては嬉しい表紙であります。 第8巻はバイトを手伝う事になった鹿…

DaiGoの「自分を操る超集中力」を買ってきたので、ダンボーが集中したい時にやる事を書いていきたいと思う

ダンボーが行っている休憩方法。 DaiGoの「自分を操る超集中力」を買ったのですがお盆を使って一気に読んでみました。本でも書かれていますが人間というのはどんなに集中しても「120分」が限界だそうです。これは私も大学時代に聞いたのですが大学の授業の多…

第155回直木賞受賞作品「海の見える理髪店」を買ってきたので早速レビューを書きたいと思います

さて前回は芥川賞である「コンビニ人間」について書きましたが今回は直木賞受賞作品である「海の見える理髪店」について書いていきたいと思います。 帯には以下のような言葉で書かれています。 誰の人生にもかならず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな…

第155回芥川賞受賞作品「コンビニ人間」を買ってきたのでレビューしたいと思います-とても身近なよう話でリアル-

第155回芥川賞受賞作品として「コンビニ人間」が選ばれました。 第155回 芥川・直木賞 受賞者による記者会見 まず気になるのはそのストーリーです。 36歳未婚女性が大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビ…

ミライの授業 きみたちはなぜ学ぶのか?を買ってきました-14歳から現在大人の人まで。学校では学べない事は沢山ある-

きみたちは「魔法」を学んでいる この本を買って驚いたのは14歳の子は完全に「21世紀生まれ」という事。昭和は勿論知らない、そして20世紀も知らない。今の大人は過去を生きてきて、そして14歳の子は未来を生きていく事になります。もし自分たちの母親、父親…

鬼灯の冷徹コミック限定版22巻が発売されたので早速買ってきました-可愛い鳥獣がまぐち付き-

鬼灯の冷徹限定版22巻が発売! 通常版と限定版が同時発売されて私は限定版を買ってきました。2千円と少し高いですが、内容を聞けばファンなら安い買い物だと思いますよ(笑)私がいつも利用している書店では限定版置いていましたが、必ずしも限定版が置いて…

興味本位で「好辞苑」を買ってみたら思いの外面白かった-知的で痴的で恥的な国語辞書の世界-

調べてみると面白いエロキーワード いつも行っている本屋さんでは新書でも「半額コーナー」というのがあります。そこには言葉が悪いが人気のあまり無い本が並ぶ訳なのですがその中に「好辞苑」というのがあってタイトルで興味を惹かれました。 好辞苑-知的で…

コピーライター 川上徹也が書く「こだわりバカ」を読んでみた-世の中はいい商品と思われたら売れる-

人々は「使いがちなコピー」に魅力を感じている 今回読んでみた本は「こだわりバカ」というタイトル。この本では「さらば空気コピー」を訴えています。この空気コピーというのはスルーされがちなキャッチコピーの事を本では空気コピーと表しているのですが、…

結局「すぐやる人が」すべてを手に入れるという本を買ってみた-今の気持ちが大事という事-

この本は以前から気になっていたのですが、評判が良いという事もあって買ってみました。それを「すぐやる事によってチャンスをいかに掴む事が出来るのか」というのがこの手の本の内容なのですが、この本は以下の人にオススメです。 やらなくてはいけないのに…

アスペルガー症候群では無いが「コミックエッセイ アスペルガー症候群との上手なつきあい方入門」を買ってみた

グループ人数が多くなってくると「あれ?この人ちょっとコミュニケーションが出来ないかも知れない?」という人がいるかも知れませんが、ただのKYかも知れませんし、その人が気づいていないだけで「アスペルガー症候群」なのかも知れません。 会話中にいきな…

湊かなえ最新作!「ポイズンドーター・ホリーマーサー」を買ってきました-全6章からなるショートストーリー-

湊かなえさんの新刊「ポイズンドーター・ホリーマーサー」が発売されていたので早速ですが買ってきました。 母と娘。姉と妹。男と女。湊かなえさんらしい作品だと思えました。 湊かなえさんの作品らしい「人の怖さやモヤモヤさ」が今作も発揮されています。…

リンゴ日和。さんの「あのね、わたしがねちゃってても、あとでいいからだっこして」が届きました!

もうはてなブログをしている人で知らない人はいないであろうと巷で話題になっている「リンゴ日和」さんのブログが書籍化したという事で遅れながらもAmazonさんから届きました。 hitamu.hatenablog.com 可愛いイラストで長女のゆーちゃん、次女のふーちゃんの…

臆病な僕でも勇者になれた七つ教え-変わりたいと思っている人は是非読んで欲しい-

可愛い表紙に惹かれたの購入してみたら・・・。 臆病な僕でも勇者になれた七つの教え 作者: 旺季志ずか 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2015/12/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る TUTAYAに行った際に気にな…

石原慎太郎が田中角栄の自伝を書いた「天才」を読んでみました-石原晋太郎は田中角栄の事を好きだったのだろう-

天才 作者: 石原慎太郎 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/01/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 石原慎太郎と言えば田中角栄の金権政治を批判した事があるのは有名。そんな石原慎太郎が田中角栄を「俺」という表現で自伝を書いた…