近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

地域の「班長」になってしまったが、絶対に役員にはなりたくないと心に誓った

4月から地域の班長になりました

f:id:masanori1989:20180421140900j:plain

良い大人なのに盛大にコケて膝や手が血だらけになってしまい痛いのと情けないとで泣きそうになったダンボーです。皆さんこんにちわ。

 

さて久しぶりの一般記事となりますがこの度私、ダンボーは地域の班長となったのですが、まぁ住んでいる限りは数年に一度は訪れる「宿命」と言っても良い役割となるのですが、今まで両親がやっていた事を引っ越しを機に私がやる事になりました。

 

正直、前の家の時は地域の人は皆顔馴染みで知っている人も多いというメリットがあったのですが今は前後左右とご近所さんしか付き合いをしていないので、ちょっと面倒だなという気持ちがありました。

 

なにせ前の地域と比べると広い地区なので数百世帯という規模を考えると役員なんてなった日には胃が痛くなる事間違いなしですよ。そんな事を考えながら顔合わせと会議に行ってきたのですが、もう初日から心が折れてしまった

 

地域あるある?話が進まない会議

地域あるあると言っていいのか解らないが、まぁ会議が進まない。2時間という限られた時間で前年度の話を1時間半してしまうという何とも勿体無いと思った。

 

「報告」という意味では大事かも知れないが同じ事を20分かけて説明しなければならないという会議は「あ~懐かしい気持ちになるな」という感じですね。何というか学生が行っているプレゼンのような雰囲気。言葉は丁寧で大人なのですが、なかなか前に進むないというのはモヤモヤしますね。

 

そして一番厄介だと感じたのは、昔から住んでいるお爺さん達。これは次に書いていきたいと思う。

 

地域活性化?無理無理

話を聴く限りどこの地域も同じようですが「高齢者が地域活性化を止めている」という話を私も聞いたことがあるのですが、会議に参加してみて納得してしまった。

  • 新しい取り組みは予算の無駄
  • 祭などは昨年同様のもので良い
  • 高齢者が多いのでゲートボールや遠足などのイベントを増やして欲しい
  • 若者にもっと積極的になって欲しい(でも口出すけどね)

そして「地域活性化!新しい入居者、住みやすい街造り!」なんてフレーズを言っている。古いものが悪いとは全く思わないが新しい事にもチャレンジしていく必要性はあると思う。うちの地域は「会計」が一番大変だと感じたのですがお茶一本でも「これはなんの日に購入したのか」と言われるので「あ~会計だけはヤダな」と感じた訳です。

 

皆さんの「地域あるある」ってなんだろう

祭の規模が大きい地域やゴミ分別が多い地域などは大変そうだと思った。うちの地域はそこまで五月蝿くは無いが前の地域では燃えるゴミにプラスチック一個でも入っていたら持って行ってくれなかったので、それは慎重にしてましたね。

 

各々の変わった「地域あるある」というのは少し興味が出たので教えて欲しいと思ったのでブログにしてみました。私は役員にならないように必要最低限の事をしながら頑張りたいと思います。では、また!!!

【映画・ネタバレ有】パシフィック・リム アップライジングを観てきた感想とレビューを書いていきたいと思います

SFアクションの大作「パシフィック」の続編

f:id:masanori1989:20180415173857p:plain

2013年に公開され全世界で3億4417万ドルという興行収入で大ヒットしましたが、2018年に待望の続編が決定し公開される事となりました。パシフィック・リムは兵士2人が巨大ロボットいのり込み「Kaiju(怪獣)」と呼ばれるモンスターと戦うSFアクション映画です。

 

前作の評価は6.7/10となっており「デイリー・テレグラフ」は5つ星という最高の評価を与え「素晴らしくモダンなクリーチャーの創り出す幻想的なイメージは非常に魅力的であり、楽しめる」と書きました。ロボット系が好きな人にとってはパシフィック・リムは良い作品だと思います。では、今作のストーリーは。

 

巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。(シネマトゥデイ引用) 

 

前作から10年後がどのような世界になっているのか。前作を観た私としては非常に楽しみです。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

前作から10年後。英雄ペントコストの息子が登場

f:id:masanori1989:20180415173823p:plain

kAIJUとの戦いから10年後を描いた今作は前作で自らを犠牲にし世界を救った英雄ペントコストの息子ジェイク(ジョン・ボイエガ)がメインとなる話となります。

 

KAIJUの裂け目を封じる事に成功した人類は復興へと進んでいるが、それを望まない人々もいる。ジェイクは復興が進んでいない高級な家に住み、違法な売買取引で生活をしている姿が写ります。そんな彼も父に憧れPPDCに入隊しパイロットとして訓練するのですが、父と些細な口論で辞めてしまうのです。

 

そんなジェイクと自らの手でイェーガーを作成したアマーラ(ケイリー・スピーニー)と知り合う事となる。自作のイェーガーは違法で勿論、捕まってしまい2人はPPDCに送られる事から物語は大きく展開する事になります。

 

どのシーンにもVFXが使われているのは素直に驚いた

f:id:masanori1989:20180415173911p:plain

パシフィック・リムに登場するイェーガーや町並みというのはVFXにより作成されていますが、ほぼすべてのシーンにVFXが使われています。勿論、VFXの質を落とす訳にはいかないので数社が共同作成し2000人のスタッフが携わっているというのは素晴らしいと思いました。

 

こういったVFXで動いているロボットなどを作成するのは非常に難しいです。私もCG作成を経験した事がある身なのですがロボットらしい動きだと迫力がなく、人間らしい動きをするとロボットに違和感が出てくる。KAIJUでも同じことが言えますが、口を開けるシーン。そして動くシーン。そういった技術面に関しては素晴らしい出来だと感じることが出来るはずです。

 

ストーリーは前作と比べると子供向け

f:id:masanori1989:20180415173904p:plain

前作のストーリーと比べると今作のアップライジングでは少し年齢層を下げてきたように思えます。今作を観ていると日本の特撮やアニメが大きく関係しているように感じましたね。ラストの舞台が東京。すなわち日本なのですがイェーガーとKAIJUが戦う姿は「ゴジラ」や「ガンダム」を思わせるような雰囲気がありました。

 

悪者が登場し、KAIJUを使って襲ってくる。それを主人公たちが操るイェーガーが戦うというシンプルなストーリー構成ですが、もう少し前作と同様、もしくは続編という事もあり複雑に作成しても良かったのではないかと私は思いました。

 

もしかすると続編があるかも知れない?

f:id:masanori1989:20180415173831p:plain

最後にジェイクがKAIJUに操られたニュートン・ガイズラー博士(チャーリー・デイ)に「次はこっちからお前たちの世界に行ってやる」とセリフを言うのですが監督であるスティーブン・S・デナイトは「繋がる可能性は残したいと思っている。それが3部作目になるかスピンオフになるか解らない」とコメントしています。

 

私個人的には続編はもう少し大人向けのストーリーで良いように感じます。ロボットとKAIJUという子供が喜びそうな描写ですが今後も続編を作っていく可能性があるのであればもう少し複雑化し謎を残した方が面白いと思います。

 

前作「パシフィック・リム」はHuluで配信中

f:id:masanori1989:20180416164242j:plain

Amazonでもレンタルする事が出来ますが定額制のHuluでも見ることが出来ます。パシフィック・リム以外にも話題のドラマや映画など様々なコンテンツを見る事が出来ます。初回はお試しとして無料登録出来るので、是非登録してみてくださいね。

 

 

対KAIJU戦のシーンはやはり優秀、続編に期待

f:id:masanori1989:20180415173900p:plain

 今作のパシフィック・リム アップライジングはVFXなどは非常によく出来ているが上記でも書いた通りストーリー構成が少し子供向けだったのが少し残念だった。ただ前作の10年後という事もあり前作を観た人であれば楽しめる作品となっています。

f:id:masanori1989:20180416152452j:plain

今作のパンフレットですが各イェーガーの説明はプロダクションノートなど映画を観た後、楽しめるコンテンツが数多く掲載されています。是非、劇場で買って読んでみてくださいね。

 

これにて映画「パシフィック・リム アップライジング」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

パシフィック・リム [Blu-ray]

パシフィック・リム [Blu-ray]

 
HG パシフィック・リム ジプシー・アべンジャー 色分け済みプラモデル

HG パシフィック・リム ジプシー・アべンジャー 色分け済みプラモデル

 

【映画・ネタバレ有】先行上映にてレディ・プレイヤー1を観た感想とレビュー-映画の可能性を無限大に感じることが出来る作品-

スティーブン・スピルバーグ監督最新作

f:id:masanori1989:20180412220045p:plain

日本では2014年に発売された「Redy Player One」という小説を実写化した作品が今作となります。近未来のVR型オンラインゲームの世界「オアシス」を舞台に1980年代のハリウッド映画や日本の特撮番組などを題材としたクロスオーバー作品となります。

 

VRを元にした作品と言えば日本アニメの「ソードアート・オンライン」。あちらもVRをテーマにした作品なのですが、こちらは「自分がなりたい姿になれる」という「理想」が大きくあります。そういった点にも注目したいですね。今作のストーリーですが。

 

貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り……。(映画.com引用) 

 

 様々なキャラクターや作品が数多く登場している今作ですが、それ以外にも面白い点が沢山あります。では、早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

「オアシス」というバーチャル世界をメインとしたストーリー

f:id:masanori1989:20180412215911p:plain

人々の癒やしというのでしょうか。「仮想世界」と「現実世界」の境目が曖昧になった世界という印象がありました。仮想世界で手に入れた通過でプレイする時に必要なVR機器であったり体感スーツであったり。そういったモノが買えてしまう世界。

 

今作の主人公であるパーシヴァル(ウェイド)は家庭に居場所が無く、彼の癒やしの場所と言えばオアシスで「エッグ」を探す事でした。

 

この世界を作ったジェームズ・ハリデーは亡くなる時に遺言で「私の財産をエッグを手に入れたモノに授ける」と残したのです。彼の財産は日本円にして56兆円という膨大な金額に攻略を試みるプレイヤーもいるのですが、その難易度。そして失敗した場合にはゲーム内通貨。すなわち長年リアルマネーをかけてきたアバターが消えるというデメリットもあるので、相当な覚悟が必要と言えます。

f:id:masanori1989:20180412215929p:plain

映画の冒頭から激しいレーズが行われますが主人公が操作する車はバック・トゥ・ザ・フューチャーでお馴染みのデロリアン。主人公の年齢の割にかなり渋い選択ですね。

 

内装も細かく作られているのでバック・トゥ・ザ・フューチャーファンの方は感想したのではないでしょうか。

 

様々なキャラクターが登場するオアシス

f:id:masanori1989:20180412215829p:plain

レディ・プレイヤー1では様々なキャラクターが登場する事で話題となっていますが、上記画像でも日本からはストリートファイターから春麗が登場しています。その他にもAKIRAのバイクやリュウなど。様々なキャラクターが登場するのですが、やはりPVで気になっていたのは。そう「ガンダム」。

f:id:masanori1989:20180412215821p:plain

30秒だけ好きな巨大ロボットになれるというアイテムを使いガンダムとなって戦うシーンなのですが、この3DCGでガンダム映画を作成して欲しいと思える程クオリティの高いものでした。個人的にですがアメコミの「スポーン」や「バットマン」なども登場していたので1980年代の米国を象徴する作品が見れたのは嬉しかったです。

 

今作は絶対に3D、4D、4DX、MX4Dで観るべき作品

f:id:masanori1989:20180412215834p:plain

様々な作品を観ている私ですが、これほどまで3Dや4Dで観たほうが良いと思った作品は非常に稀だと思います。レディ・プレイヤー1を視聴して映画を観ている感覚よりも1つのアトラクションを体感しているような感覚になったりします。

 

例えばT-REXが車を襲うシーンやホラー映画の金字塔「シャイニング」など思わず「おぉ」と声に出しそうになる場面が数多くあり観た後「楽しかった」という感情と共にしばらく興奮が収まりませんでした。今作は2Dよりも3Dや4Dを選択する事をオススメします。

 

VR世界を含め、ネット世界を考える作品

f:id:masanori1989:20180412215914p:plain

「ネット」と「リアル」の何が違うのか。その違いを考えさせられるストーリー展開だと思いました。一昔前は匿名性である事で「何しても冗談で良い」という考え方の人が多かったのですが、今ではそういった考え方よりも「発言には気をつけなければならない」と考える人も多くなりました。

 

今作も主人公のパーシヴァルが「ウェイド」と仮想世界で名前を出したばかりに危険な目にあってしまうのですが、そういった「ネットの危険性」なども感じれるストーリー構成となっているので、そういった点にも注目して貰いたいと思います。

 

久しぶりに観た3D映画で大興奮!これは非常に良作です

f:id:masanori1989:20180412220048p:plain

先行上映のため、パンフレットをまだ購入出来ていませんが、個人的に3Dで観た映画の中では非常に面白いと思える作品でした。ストーリーも難しい事はなく大人から子供まで観ることが出来る作品なので是非劇場で観てほしいと思います。

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

 

 

 

【滋賀ランチ】ホテルニューオウミ開業30年記念春の大感謝祭を開催しているので「八万ぼりランチ」を食べてきました

ホテル開業30週年記念! 

f:id:masanori1989:20180407150537j:plain

外観の写真を取り忘れてしまったので、ホテル公式ページよりお借りしました。さて、ホテルニューオウミが開業30年を迎えたという事で3月31日~4月30日まで。「春の大感謝祭」として「いちご食べ放題」というイベントを行っています。洋食に限らず、和食、中華などでも「いちご食べ放題」という太っ腹なイベント。

 

そして私が今回お邪魔したのは日本料理の「八万ぼり」でランチを食べてきました。

f:id:masanori1989:20180407112700j:plain

窓際の席に座ったのですが今の時期は良いですね。お庭には椿が咲いており、春らしい風景を見ることが出来ます。

f:id:masanori1989:20180407113357j:plain

今回私が注文したのは「八万ぼりランチ」。開業30年記念ランチという事もあり、他におられた方もこちらを注文されている方が多いですね。では、早速料理の写真を含め、感想などを書いていきたいと思います。

 

八万ぼりランチ「開業30年記念料理」

f:id:masanori1989:20180407113629j:plain

まず最初は「鯛と筍博多造り 煎り酒にて」。鯛の甘みと筍の甘みがとても美味しい。2つ同時にいただく事によって違う食感が楽しめるのは面白いですね。

 

最後は紫蘇に巻いて食べましたが、紫蘇によって鯛の風味と筍の風味が更に強く感じることが出来ます。さっぱりとして最初に食べる料理としては良い一品ですね。

f:id:masanori1989:20180407114136j:plain

二品目は「野菜盛(丸かご)」です。卵、小芋煮、花かんざし、菜種和え、筍、椎茸。そして天ぷらは、白魚のフリッター、エビ、菜の花。

 

お野菜が多い丸かごでしたが、菜の花の天ぷらが美味しかったです。菜の花を見ると「春」と思わせる代表的な花の1つとも言えるのですが、菜の花の天ぷらは少し苦く大人向けの味ですが、それが美味しい。野菜盛も一品一品が薄味で、こちらも大人向けという印象を受けました。

 

旬の野菜を美味しく食べるというのは少し大人の贅沢を感じますね。

 

f:id:masanori1989:20180407115218j:plain

三品目は「和ローストビーフ べっ甲飴鍋」。熱を加える事によって少しトロみが出る少し珍しいお鍋でしたが出汁が凄く美味しかったです。

 

勿論、和ローストビーフも美味しいのですが熱が完全に入る前に食べておけば良かったと後で少し反省しました。お野菜もまだ少し硬めの状態でしたが、野菜本来の甘さがあったので私が好みでした。

 

もし食べに行かれる方はお肉の下に野菜を固めておき、あまり熱を通さないようにして食べる事をオススメします。その方がローストビーフとして美味しく頂けると思います。

 

f:id:masanori1989:20180407121857j:plain

四品目「いちごのパフェ」。パフェの中にかぼちゃとサツマイモが入っているなんとも変わったパフェなのですが生クリームとかぼちゃって合うんですね。食べてみると予想より美味しくて驚きました。アイスクリームも濃厚で食後のデザートとしてはピッタリの一品ですね。

 

f:id:masanori1989:20180407122426j:plain

ラスト「イチゴのクレープ」。クレープ生地に生クリーム、白餡、イチゴを挟んで自分で作るスタイルとなっています。白餡というのが珍しいですが、自分で作るというのは楽しいですね。特に小さなお子さんを連れている方は喜ばれるかも知れません。

 

こちらのイチゴが制限時間まで食べ放題となっています。生クリームとイチゴを食べてみるとパフェのような味になり、白餡とイチゴを食べてみるとイチゴ大福を食べているような味になるので、それぞれ是非試してほしいと思います。

 

記念ランチは4月30日まで!

f:id:masanori1989:20180407111952j:plain

ホテルニューオウミ30年記念ランチは4月30日までとなっています。電車で来られる際には近江八幡駅より徒歩1分とアクセスしやすいと思いますね。車で来られる際にはホテルニューオウミの駐車場を使う事をオススメします。

 

ランチを食べた後駐車券を渡すと無料にしてくれるので、お食事の際には忘れず持っていくようにしてください。

 

今回食べたランチは「要予約」となっているので気になった人はホテルニューオウミにて予約が必要となります。4月30日までなので休日は混雑していると思いますが、まだ予約は間に合います。子供の入学祝や入社祝など、ちょっとしたお祝いで活用するのも良いかも知れませんね。下記にてリンクを貼っておくので気になる方はチェックしてみてください。

www.newomi.co.jp

【映画・ネタバレ有】ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングルを観てきた感想とレビュー-あのアドベンチャーアクションがパワーアップ-

1995年大ヒットした「ジュマンジ」の続編

f:id:masanori1989:20180409134859p:plain

原作は実は絵本でジャングルをテーマにしたボードゲームについての物語で、プレイヤーである姉妹がゲームしていると本物の動物や魔法といったゲームの世界でしかありえない出来事が現実に現れるようになります。

 

そして1995年公開された「ジュマンジ」では原作を元に制作されていますが、アランという少年が主人公で父と子の絆が深くなっていくストーリーとなっています。1995年で当時はまだ珍しかった3DCGをふんだんに使っている事から話題となりました。

 

そして2018年公開された今作は前作から20年後を舞台としストーリーが進んでいく事となります。さて、気になるストーリーですが。

 

高校の地下室で居残りをさせられていた4人の生徒たちは、「ジュマンジ」というソフトが入った古いテレビゲーム機を発見する。早速そのゲームで遊ぼうとする4人だったが、キャラクターを選択した途端にゲームの中に吸い込まれ、各キャラクターのアバターとなって危険なジャングルの中に放り込まれてしまう。マッチョな冒険家やぽっちゃりオヤジなど本来の姿とかけ離れた姿に変身した彼らは、ゲームをクリアして現実世界に戻るため、それぞれ与えられたスキルを使って難攻不落のステージに挑む。(映画.com引用) 

 

前作が大ヒットした作品なだけに今作はどのような作品に仕上がっているのでしょうか。早速感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

中身は高校生の主人公たち

f:id:masanori1989:20180409135221p:plain

ひょんな事から「ジュマンジ」のゲームを起動してしまい、ゲームの世界に入ってしまった高校生たち。彼らは決して仲良くはなく、それどころか相性は悪いと言っても良いかも知れない。スペンサーはアレルギー体質の気弱であり、フリッジは勉強が苦手なアメフトのスーパースター、マーサはシャイで真面目、ベサニーは美人で自惚れ屋さん。

 

そんな彼らがジュマンジの世界では個性的なキャラクターとなりゲームを攻略する事になるのですが一番最初に興味が出るのはスペンサーが選んだブレイブストーン博士。

f:id:masanori1989:20180409134908j:plain

ワイルド・スピードシリーズでお馴染みのドウェイン・ジョンソンが個性的過ぎて面白い。きっと彼が演じた作品の中で「高校生を演じる」というのは無かった事だと思います。作品内で「泣いちゃ駄目だ、泣いちゃ駄目だ」というセリフがあるのですが、それがドウェイン・ジョンソンから聞けるというのは今後無いかも知れません。

f:id:masanori1989:20180409134746p:plain

ベサニーが選んだオベロン教授。演じたのはジャック・ブラックなのですがスクール・オブ・ロックやハイ・フィデリティなどがありますが、最後まで女言葉で話していたのも個人的に面白いポイントの1つでした。

 

やはり3DCGは前作同様にGOOD!

f:id:masanori1989:20180409134742p:plain

「人食いサイ」から逃げるというシーン。このシーンではヘリに乗ったもの、敵からの攻撃でヘリ上部パーツが取れてしまい低空飛行で飛ぶ事になってしまった。そこでブレイブストーン博士がヘリ上部のパーツをはめ込み無事脱出するというシーンですが、やはり3DCGに関しては良い出来栄えだと思います。

追いかけているサイも3DCGだと解るのですが、周りの崖、ヘリなど。総合的に良い出来栄えなので緊迫したシーンが出来上がっていますね。その他にもカバやジャガー、蛇などCGの出来栄えは合格点と言えます。

 

友情有り、愛情有りのストーリー

f:id:masanori1989:20180409134827p:plain

決して交わる事がない性格の高校生たちがゲームをクリアする事に友情を深め、または愛情になったり。そういった絆の変化というのは前作のジュマンジから継承されている点の1つだと感じました。

前作は親子の絆ですが、今作は友情の絆。「3回死ねばゲームオーバー」という試練が待ちながらも仲間を思いやる気持ち、絶対に元の世界に戻るという勇気。ジュマンジというゲーム内でプレイヤー同士が成長する過程は在り来たりながらも観ていて面白かった。

 

アクションシーンも勿論必見

f:id:masanori1989:20180409134904p:plain

ブレイブストーン博士を演じるドウェイン・ジョンソンは勿論の事、ラウンドハウスを演じるカレン・ギランのアクションも要必見と言えます。

 

カレン・ギランは「ドクター・フー」やマーベル映画「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」などアクションシーンが多い役柄が多いのですが、今作もそのアクションは健在。音楽のリズムに乗りながら戦う「リズムアクション」。そういったユニークスキルも彼女だからこそカッコよく見えてしまう。その他にも様々なアクションシーンで活躍しているので、是非劇場で観てもらいたいです。

 

世界興行収入9億ドルという大ヒット作品!

f:id:masanori1989:20180409134818p:plain

日本ではリメンバー・ミーが興行収入1位になり2位はボスベイビー。ジュマンジは初登場3位という結果となりました。

 

www.yuruiblog.com

www.yuruiblog.com

 

世界興行収入では9億円という大ヒットを記録しているジュマンジですがカスダン監督は「子供が大人の体に入ってしまったというコンセプトが最高のコメディ要素だったのではないだろうか」とコメントしています。

f:id:masanori1989:20180409131448j:plain

パンフレットは通常のパンフレットと違い少し面白い試みがされていました。まるで地図を開いているかのようにパンフレットを見ることが出来「ENJOY! ジュマンジ攻略本!?」と書かれた冊子は4人のライターさんによる対談が書かれています。

 

今作のパンフレットは非常に盛りだくさんのコンテンツなので劇場で是非買ってみてください。これにて映画「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

ジュマンジ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ジュマンジ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 
グーニーズ(吹替版)

グーニーズ(吹替版)